丹波屋 店主

携帯ページ

国産松茸の歴史と産地

松茸は秋の味覚の代表として定番の食材です。丹波屋では、国内産の松茸を通販にて取り扱っております。
そんな国産松茸についてご紹介します。

国産松茸の歴史

そもそも日本における「キノコの歴史」は古く、縄文時代中期~後期の遺跡からキノコの形を模した土製品が発見されていることから、その頃から日本ではすでに松茸が食用とされていた事が示されています。
奈良時代~平安時代の歌集「万葉集」・「古今和歌集」にも松茸であると推測されるキノコについての歌が収録されており、鎌倉時代以降は「秋の風物詩」として定着していきました。当時から松茸は、高貴な身分の間でしか食されない貴重な食材として扱われており、それ以外の一般の人々にも松茸が広まったのは江戸時代以降とされています。

松茸の産地

丹波屋では地元兵庫の丹波産の松茸をはじめ、岡山産・長野産・岩手産など、数多くの国産松茸がございます。
これら以外で松茸の産地として挙げられる場所は、北は北海道から南は四国と幅広い範囲で収穫が行えます。
しかし、近年は松茸が収穫できる松茸山の荒廃が著しく、収穫量そのものは少なくなり、現代ではますます貴重な食材となっています。

松茸の豊作な年

国産松茸が豊作な年というのは収穫前の天候が関係しており、台風による影響などで春から夏の降水量が多く、残暑が9月以降まで続かない年は松茸が豊作となることが多いです。逆にこれらの条件とは反対の要素を満たしてしまうと、松茸は不作に終わり価格の高騰へ繋がってしまうのです。

国産松茸の旬

松茸の旬な季節と言えば秋で間違いないのですが、産地ごとに具体的な時期は異なってきます。
北海道と秋田では8月中旬から9月上旬とまだ夏の暑さが抜けきってないころから松茸の食べごろは始まり、秋田を除く東北地方が9月中旬ごろに、それ以外の地域では10月上旬から中旬と徐々に南下していきます。

丹波屋では、厳選された国産松茸を取り揃えております。また、国産だけにこだわらず海外産の松茸もお手頃な価格で通販を通して販売を行っております。商品や通販に関してご不明な点がございましたら、どうぞ気軽にお問い合せください。