丹波屋 店主

携帯ページ

松茸と国産松茸の通販・販売【丹波屋】HOME»  松茸の栄養素とその効果

松茸の栄養素とその効果

香り豊かな松茸。松茸の時期になると誰もが一度は「食べたい!」と思われることでしょう。
松茸にはじつは、健康に良い成分がたくさん含まれているといわれております。では、どんな成分が含まれていて、どんな効果に期待ができるのでしょうか?こちらでは、その栄養素と効果についてご紹介していきたいと思います。

食物繊維

松茸に含まれている食物繊維の多くは不溶性で、キノコ類の中でもダントツの量を誇るといわれております。
不溶性はおもに水に溶けにくい特徴を持っているため、排便を促す作用や、腸内の有害物質を排出する効果に期待ができるとされております。一方、水溶性はコレステロール値を下げる効果であったり、糖分や脂肪の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を防ぐ効果に期待ができるとされております。

たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素の一つで、エネルギーを作るために欠かせない重要な栄養素です。
おもに、人間の基礎を作る臓器や筋肉、皮膚や髪を構成しているため、免疫力を高めたり、血液の流れを良くする効果に期待ができるとされております。

脂質

脂質も三大栄養素の一つで、身体を正常に動かすエネルギー源となる栄養素です。
水に溶けない特徴を持っており、脂肪を蓄える力や脳を活性化させるために働きかけてくれる成分です。
その他、体温を保持する効果や脂溶性ビタミンの吸収力を高める働きにも期待ができます。

カリウム

松茸に豊富に含まれているカリウム。カリウムは生命を維持するために欠かせない栄養素の一つです。
カリウムのおもな働きは、ナトリウムと協力して細胞内・外の浸透圧を維持する役割があるため、血圧を下げたり、筋肉の動きを助ける効果に期待ができます。その他、カリウムは余分なナトリウムを体外に排出する働きもあるため、むくみの解消にも効果的だとされております。

ビタミン類

松茸には、ビタミンB1・B2・B6と、ビタミンC、ビタミンDが豊富に含まれています。
ビタミンB1は食欲増進や筋肉の疲労回復、精神安定の効果に期待ができ、ビタミンB2はたんぱく質や脂質をエネルギー源に変えてくれる働きがあります。ビタミンB6はカリウムとナトリウムの働きを調整し、助ける役割があります。
ビタミンCは、たんぱく質と鉄によるコラーゲンの産出を助け、お肌のシミや老化を防ぎ、ハリや弾力を与えてくれる働きがあります。

ビタミンDは、カルシウムのバランスを調整する役割と、健康な骨や歯を作るのに欠かせない栄養素です。
また、免疫力アップにも効果的ですので、がん予防や糖尿病、自閉症にも有効的だといわれております。
その他、松茸にはマグネシウムや葉酸、マンガン、リン、鉄、亜鉛、銅など、私達の健康を維持するのに必要な栄養素が豊富に含まれています。松茸は高価なだけでなく、このように栄養素が豊富なところも評価され「キノコの王様」と呼ばれるようになったといっても過言ではないのかもしれません。

丹波屋では、旬の国産松茸をご紹介しております。9月中旬が旬の長野県産や岩手県産をはじめ、9月末が旬の岡山県産まで、旬の国産松茸をご用意しております。ご家庭用の特選松茸から業務用の大容量の松茸まで幅広くご用意しておりますので、旬の松茸をお探しの方は、ぜひ丹波屋をご利用ください。
通販で手軽にお取り寄せが可能ですので、お気軽にご利用ください。